Loading
基礎工事

基礎工事

基礎工事

基礎工事とは、地面と建物のつなぎ部分にあたる基礎部分をつくるための工事のことです。
とても大切な工程で、基礎は建物のすべてを支える土台であり、その土台がしっかりしてこそ家が傾かず、丈夫で長持ちします。

ベタ基礎は、基礎の立上り部分だけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっているもので、荷重を底板全体で支えます。面で支えるため、建物の重さを分散させることができ、耐震性がアップします。また、地面からの湿気やシロアリの侵入を防ぎます。

基礎工事の流れ


  • 砕石・砂利を施工します

  • 砂利を転圧します

  • 防湿シートを貼ります
    (湿気・外注の侵入を防ぎます)
    柱をしっかりと支えます

  • 防湿シート(湿気・外注の侵入を防ぎます)の上に配筋していきます


  • 鉄筋を組みます

  • ベタ外周の鉄筋組

  • ベースの配筋とベタ外周の鉄筋

  • 中心部の立ち上がり鉄筋を組んだところです


  • 鉄筋組の終了(全体像)
    頑丈に組まれた梁・桁

  • 細やかな配筋で地耐力UP

  • ベース部分にコンクリートを流していきます

  • ベース部分のコンクリートの流し込み(続き)


  • コンクリート打設状況

  • 表面を土間ゴテでならして仕上げます

  • ベタ部分のコンクリート完成

  • 基礎部分全体 建物をしっかり支える頑丈な施工の基礎完成です

PAGE TOP